G01 日本薬剤師研修センター

西成区保険薬局部会研修会

主催:西成区薬剤師会

改正薬機法について、認知症の治療薬について

エリア
大阪府
開催場所
西成区民センター
開催日時
2020年03月28日 14:00 ~ 16:10
単位
1単位
この研修は終了しました。
研修に関する日程や内容などは、Web上に公開されている情報を参照し掲載しておりますが、最新の情報が反映されていない場合や変更が生じている場合があります。各プロバイダーの情報をご確認の上、ご利用くださいますようお願いいたします。

日本薬剤師研修センターについて

国際救急災害シンポジウム

CPR、救急蘇生の実技など

【2単位】
匿名
(調剤薬局・調剤併設ドラッグストア)
医療現場従事期間:15年以上~20年未満
地域包括支援センター

薬剤師は地域包括支援センターのことを知る機会が少なかったので薬局として出来ることを知り、今後地域包括支援センターと連携しながら在宅と結びつけようと思った。

【1単位】
匿名
(調剤薬局・調剤併設ドラッグストア)
医療現場従事期間:5年以上~10年未満
肝疾患と薬物療法について

脂肪肝:非C非Bが増えている 脂肪が過剰に蓄積 非アルコール脂肪性肝疾患 1000万人くらい 10%は肝炎を起こしている 10~15%で肝がんに移行する 血液検査で、脂肪肝はわからない AST/ALT:正常値は30未満 30を超えると何かある 血小板が少ない脂肪肝は要注意 20万以下で、進行したNASH Fibroscan(肝臓の硬さ、脂肪の量を測定する検査)治療はVEや糖尿病薬を使ってみることあり B肝:HBVは発展途上国で多い 治療目標はウイルス↓、炎症↓、進行↓ エンテカビルは耐性、副作用が少ない、DNAウイルス→逆転写酵素阻害 ペグインターフェロンはあまり効果なし やはり核酸アナログ テノホビルとエンテカビル C肝:ALT上昇を伴うC肝は肝がんに移行しやすい DAA、IFN, DAAは副作用が少ない 変異を調べて合った薬を選択する 適切に使用すれば100%の効果 HCVを排除しても何年もして肝がんができる 肝硬変が治るわけではない 肝疾患の治療現場の実情がよく理解できた 血液検査の数値では特にALTの数値を重視するようになった

【1単位】 【2019年4月受講】
Locche98
(調剤薬局・調剤併設ドラッグストア)
医療現場従事期間:20年以上
同じエリアの研修情報

G01 日本薬剤師研修センター

医薬総合研究会 大阪府大阪市研修会

  • 2020年04月10日 19:00 ~ 20:30
  • 大阪府
  • 1単位
  • 過去に日本薬剤師研修センターの研修を受けた方の声
無菌調剤のやり方は勿論のこと、体液の年代による割合の違いなども改めて勉強できて昔の知識がよみが...

G01 日本薬剤師研修センター

処方支援を目指した医療情報の解釈、使い方

  • 2020年04月11日 17:00 ~ 19:00
  • 大阪府
  • 1単位
  • 過去に日本薬剤師研修センターの研修を受けた方の声
腎機能管理について学んだ。 eGFRの数値を基に処方提案を行う。 内服のNSAIDsはなるべく...

G01 日本薬剤師研修センター

漢 近畿鍼灸漢方研究会

  • 2020年04月12日 10:00~17:00
  • 大阪府
  • 4単位
  • 過去に日本薬剤師研修センターの研修を受けた方の声
DPP-4阻害薬とSGLT2阻害薬のメリット・デメリット、日本でのDM治療の選択順位・高齢者糖...

G01 日本薬剤師研修センター

HAP/OATHAS健康サポート薬局支援研修 薬局でもできる食支援

  • 2020年04月12日 10:00 ~ 15:30
  • 大阪府
  • 3単位
  • 過去に日本薬剤師研修センターの研修を受けた方の声
ちまたでは性感染症が流行しているし、オリパラが開催されれば大流行の危険性がある。それなのにこの...
薬剤師コラム新着記事