G01 日本薬剤師研修センター

第3回あさくさ緩和DI塾(WEBオンライン)

主催:NPO法人 Healthy Aging Proje

オピオイドの副作用評価、対策を学ぶ 他

エリア
オンライン
開催日時
2020年10月20日 19:00~21:00
単位
1単位
この研修は終了しました。
研修に関する日程や内容などは、Web上に公開されている情報を参照し掲載しておりますが、最新の情報が反映されていない場合や変更が生じている場合があります。各プロバイダーの情報をご確認の上、ご利用くださいますようお願いいたします。

日本薬剤師研修センターについて

薬剤性肝障害を考える‐アセトアミノフェンを中心に‐
現場でよく扱うアセトアミノフェンだが、よく肝機能が上がった時、どう考えればよいか迷っていたが、講演会を通して、基本知識や投薬中止指標(目安)があることを知ることができ、現場でのアプローチもしやすくなってきたように感じます。 また、現場では関心も持つようにあり、病棟業務では、アセトアミノフェンを使っていて肝機能上がったら副作用の可能性もあるが、今までの経過からもともとの胆管系の疾患の増悪などの可能性も考えるなど患者を全体を見れるようになってきたこともありました。講演会で興味、注目する分野ができたりするだけでもいいことだと思います。
【1単位】 【2018年11月受講】
匿名
(病院・診療所)
医療現場従事期間:3年以上~5年未満
高血圧治療薬の種類と選択
降圧剤の基本から、ガイドラインでの位置づけ、主要な臨床試験の結果(エビデンス)などを幅広く、新知見も得られたし、わかりやすかった。ハンドアウトもあり、復習や現場での見返しなどもできたので良かった。 降圧剤の提案の際にガイドラインを踏まえて提案したり、処方変更になった際、背景が推測しやすくなり、服薬指導に役立ったりした。
【1単位】 【2017年5月受講】
匿名
(病院・診療所)
医療現場従事期間:3年以上~5年未満
在宅推進のための薬剤師研修会
地域の訪問看護師、ケアマネージャー、薬剤師が集まり、グループに分かれて意見を交わした。それぞれの職種が普段から他職種に聞いてみたいこと、どのようなことを解決したいか、率直な発言を交わした。他職種の方々と時間を取って話し合うことはなかなかないので、貴重な機会になった。薬剤師に対して、訪問看護師、ケアマネージャの方々が好意的に思ってくださっており、協力していきたいと思われていたことは嬉しかった。在宅訪問薬剤師がどのように患者様に関わることができるかお話しできたことも良かったと思う。
【2018年1月受講】
匿名
(調剤薬局・調剤併設ドラッグストア)
医療現場従事期間:10年以上~15年未満

このプロバイダーの全188件の口コミを見るにはm3.comに会員登録が必要です。

同じエリアの研修情報

G01 日本薬剤師研修センター

オンライン手順書塾

  • 2020年10月26日 19:00~20:30
  • オンライン
  • 1単位
  • 過去に日本薬剤師研修センターの研修を受けた方の声
ドーピングについて。 競技によって制限が違うことをはじめて知った。 利尿薬も影響するという事も...

G01 日本薬剤師研修センター

HAP/OATHAS女性の健康支援プログラムプライマリーコース(WEB)

  • 2020年10月26日 19:00 ~ 20:45
  • オンライン
  • 1単位
  • 過去に日本薬剤師研修センターの研修を受けた方の声
薬理作用の復習などの基礎から、臨床試験などのエビデンス、スタチンの筋症状など副作用への対処法な...

G01 日本薬剤師研修センター

あさくさ在宅地域仲間のDI&地域の学び塾(WEBオンライン)

  • 2020年10月27日 19:00~20:40
  • オンライン
  • 1単位
  • 過去に日本薬剤師研修センターの研修を受けた方の声
骨粗しょう症はすぐに命に関わらないと考えがちだが、高齢者の骨折は予後が悪いことを学習した。骨粗...

G01 日本薬剤師研修センター

介護保険の仕組みとマイケアプランについて考える研修会(WEBオンライン)

  • 2020年10月28日 19:00~21:00
  • オンライン
  • 1単位
  • 過去に日本薬剤師研修センターの研修を受けた方の声
管理薬剤師として店舗管理に必要な知識の復習になった。 必要な掲示物、登録されている薬剤師の氏名...
薬剤師コラム新着記事