認定薬剤師の実態調査2021【2,877人の薬剤師調査】ウィズコロナ、アフターコロナの学習スタイルは?

G01 日本薬剤師研修センター

Cancerーassociated thrombosis Seminar

主催:笠間薬剤師会

数値で読み解くOncoーcardiology 他

エリア
茨城県
開催場所
第一三共株式会社水戸営業所
開催日時
2021年10月14日 19:00~20:30
単位
1単位
この研修は終了しました。
研修に関する日程や内容などは、Web上に公開されている情報を参照し掲載しておりますが、最新の情報が反映されていない場合や変更が生じている場合があります。各プロバイダーの情報をご確認の上、ご利用くださいますようお願いいたします。

日本薬剤師研修センターについて

薬剤性肝障害を考える‐アセトアミノフェンを中心に‐

現場でよく扱うアセトアミノフェンだが、よく肝機能が上がった時、どう考えればよいか迷っていたが、講演会を通して、基本知識や投薬中止指標(目安)があることを知ることができ、現場でのアプローチもしやすくなってきたように感じます。 また、現場では関心も持つようにあり、病棟業務では、アセトアミノフェンを使っていて肝機能上がったら副作用の可能性もあるが、今までの経過からもともとの胆管系の疾患の増悪などの可能性も考えるなど患者を全体を見れるようになってきたこともありました。講演会で興味、注目する分野ができたりするだけでもいいことだと思います。
【1単位】 【2018年11月受講】
匿名
(病院・診療所)
医療現場従事期間:3年以上~5年未満

高血圧治療薬の種類と選択

降圧剤の基本から、ガイドラインでの位置づけ、主要な臨床試験の結果(エビデンス)などを幅広く、新知見も得られたし、わかりやすかった。ハンドアウトもあり、復習や現場での見返しなどもできたので良かった。 降圧剤の提案の際にガイドラインを踏まえて提案したり、処方変更になった際、背景が推測しやすくなり、服薬指導に役立ったりした。
【1単位】 【2017年5月受講】
匿名
(病院・診療所)
医療現場従事期間:3年以上~5年未満

在宅推進のための薬剤師研修会

地域の訪問看護師、ケアマネージャー、薬剤師が集まり、グループに分かれて意見を交わした。それぞれの職種が普段から他職種に聞いてみたいこと、どのようなことを解決したいか、率直な発言を交わした。他職種の方々と時間を取って話し合うことはなかなかないので、貴重な機会になった。薬剤師に対して、訪問看護師、ケアマネージャの方々が好意的に思ってくださっており、協力していきたいと思われていたことは嬉しかった。在宅訪問薬剤師がどのように患者様に関わることができるかお話しできたことも良かったと思う。
【2018年1月受講】
匿名
(調剤薬局・調剤併設ドラッグストア)
医療現場従事期間:10年以上~15年未満

このプロバイダーの全188件の口コミを見るにはm3.comに会員登録が必要です。

2025年に向けた薬局・薬剤師の働きとは
調剤報酬から読み解く「生き残れる薬剤師とは?」

同じエリアの研修情報

G01 日本薬剤師研修センター

小 第7回ひたちなか吸入指導カンファレンス

  • 2021年11月02日 19:00~20:30
  • 茨城県
  • 1単位
  • 過去に日本薬剤師研修センターの研修を受けた方の声
血液内科病棟の担当薬剤師として最新の知見が学べた。 多発性骨髄腫の薬の使い方、副作用、効果の違...

G01 日本薬剤師研修センター

牛久薬剤師会研修会

  • 2021年11月04日 19:00~20:30
  • 茨城県
  • 1単位
  • 過去に日本薬剤師研修センターの研修を受けた方の声
現場でよく扱うアセトアミノフェンだが、よく肝機能が上がった時、どう考えればよいか迷っていたが、...

G01 日本薬剤師研修センター

循環器医療 多職種連携講演会

  • 2021年11月05日 19:00~20:35
  • 茨城県
  • 1単位
  • 過去に日本薬剤師研修センターの研修を受けた方の声
実際に見る機会は少なくても、重篤な場合をすぐにわかるとこで薬への理解が深まる。

G01 日本薬剤師研修センター

学ぼう!地域医療連携と薬局薬剤師の取り組み

  • 2021年11月11日 19:00~20:30
  • 茨城県
  • 1単位
  • 過去に日本薬剤師研修センターの研修を受けた方の声
新薬に関する資料を集め、評価する研修。メーカーのアピールポイントではなく承認審査報告書などの読...
薬剤師転職 派遣薬剤師でじぶんらしく働こう! 薬剤師登録者数No.1

認定薬剤師に関する新着記事

  • 服薬指導に即活用!経口糖尿病治療薬の知識

    10月15日
    経口糖尿病治療薬は薬剤師として関わる機会が多い薬剤のひとつです。種類も豊富なうえ、ハイリスク薬でもありのでしっかり学んでおきましょう。また、全糖尿病患者の約半分を占めるといわれる高齢者に 使用する場合、高齢者特有の特徴も踏まえたアセスメントや服薬指導を求められることから、それらの薬剤に対してより理解を深めておく必要があります。
  • 漢方薬・生薬認定薬剤師 超丁寧解説!

    10月5日
    漢方薬・生薬認定薬剤師とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書、難易度までわかりやすく解説します。
  • 薬剤師が活躍できる医薬品の適正使用

    9月24日
    近年、高齢者への処方を中心にポリファーマシー、アンダーユースが注目されており、医薬品の適正使用について薬剤師の活躍の場が広がっています。まず、訴えが多く、漫然と薬物治療が行われやすい疾患や症状を確認することで、その推進に大きく寄与することができます。
  • 認定実務実習指導薬剤師 超丁寧解説!

    9月21日
    認定実務実習指導薬剤師とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書、難易度までわかりやすく解説します。
  • 外来がん治療認定薬剤師 超丁寧解説!

    9月7日
    外来がん治療認定薬剤師とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書、難易度までわかりやすく解説します。
  • 今さら聞けない感染対策・抗菌薬使用の基礎

    8月20日
    現在、「感染対策」といえばcovid-19(新型コロナ)が連想されますが、薬剤師を含めた医療従事者は、新型コロナだけでなく、すべての病原体に対する感染対策を常日頃から行う必要があります。そして、薬剤師はその職能を活かし、その延長線上にある薬剤耐性(AMR)対策や抗菌薬の適正使用に対しても積極的に関わっていくことが求められます。
  • がん専門薬剤師 超丁寧解説!

    8月17日
    がん専門薬剤師とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書までわかりやすく解説します。
  • 日病薬認定指導薬剤師 超丁寧解説!

    8月3日
    日病薬認定指導薬剤師とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書、難易度までわかりやすく解説します。