認定薬剤師の実態調査2021【2,877人の薬剤師調査】ウィズコロナ、アフターコロナの学習スタイルは?の画像

2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止のため、各団体で研修受講シールの交付される学会や研修会は中止や延期、オンラインでの開催が相次ぎました。m3.com薬剤師会員に、現在の学習方法について、そして収束後に希望する学習方法について調査しました。
調査期間:2021年6月2日~6月12日 総回答数:2,877人

2,877人の薬剤師調査でわかったウィズコロナの学習状況

Q:2020年4月以降、研修認定薬剤師の単位を取得しましたか?(n=2,877)

Q:2020年4月以降、研修認定薬剤師の単位を取得しましたか?(n=2,877)の画像
研修認定薬剤師の単位を「取得した」が61%、「取得したかったが、取得していない」が20%でした。
単位対象の研修会や学会が中止になったことで、単位取得や資格更新をやめたという回答もありました。

Q:COVID-19流行以前と比べた学習スタイルの変化について、当てはまるものをお選びください。(n=2,877)

Q:COVID-19流行以前と比べた学習スタイルの変化について、当てはまるものをお選びください。(n=2,877)の画像
現地開催の学会・研修会への参加は、79%が「減った」と回答、オンラインの学会・研修会への参加は71%が「増えた」と回答しました。新型コロナウイルス感染拡大防止のため現地開催の研修会の中止、オンラインでの開催の影響がうかがえます。e-ラーニングは46%が「増えた」と回答し、34%が「変わらない」と回答しました。

参加者が語る
各研修のメリット・デメリット

現地開催の学会・研修のメリット

直接、講師の話を聞くため集中でき、質問もしやすい。他の施設の参加者と情報交換ができる。

直接、講師の話を聞くため集中でき、質問もしやすい。他の施設の参加者と情報交換ができるの画像
  • 臨場感があり、集中できる。新聞を読む様に一見して興味を引くタイトル、ポスターが網羅的に幅広く閲覧できる。発表者、演者だけでなく、日頃の情報交換をできるのが大きい。
  • 直に演者の話を聞いた方が内容がわかりやすい気がする。質問をしやすい雰囲気。単位のシールがすぐにもらえる。
  • 他施設の参加者との情報交換ができる。その中で得るものがとても大きい。演者の熱量をオンラインよりも感じることができる。その場の雰囲気もあり、自分のモチベーションが上がる。
  • 実習があること。懇親会などで情報交換ができること。質疑応答が活発になりやすいこと。
  • 現地開催は自宅学習より集中できる。予定をしっかり組んで臨むので、予定した場合の参加率は高いと思う。
  • 現地開催の学会や研修会の方が、現場の他の先生方と情報交換できる機会がある。その中で、公には言えないような内情の部分など、知りたいことも聞ける。ポスター発表などは、オンラインよりも現地開催の方が見やすい。いちいち抄録を見なくても、近い内容の発表がまとまっているので現地開催の方が良い。

オンライン研修のメリット

移動にかかる時間とコストの削減ができ、気軽に参加できる。コロナ感染防止にもなる。

移動にかかる時間とコストの削減ができ、気軽に参加できる。コロナ感染防止にもなる。の画像
  • 今までは遠方のために参加できなかった研修会に数多く参加することができました。また移動時間がなくなり、体も非常に楽になりました。メリットはとても大きいと感じます。
  • 場所の制限がなくなり、業務中でも、ぎりぎりまで仕事をしてからの参加や、患者対応で途中で抜けてもまた参加できること。特に田舎に住んでおり、子供もいる身としてはありがたい。
  • 小さい子供がいても、育休中でも参加しやすい。コロナの対策としてもとても良いと思う。
  • オンラインが、非常に効率が良い。移動時間がなくなるため、仕事面も気にせず出来るところが良い!
  • 移動時間がない。遠方から参加できる。オンデマンドのおかげで現地では参加できないはずの講演に参加でき、一時停止や繰り返し視聴により、聞き流しが減り理解が深まる。
  • 開催場所に行かなくても受講できること。ご高名な先生方の講義が拝聴しやすくなったこと。
  • 感染リスクが減る。交通費・宿泊費が削減できる。スライドが見やすい。自宅や職場など身近で参加できる。

e-ラーニングのメリット

自分の好きな時間、スキマ時間で、繰り返し勉強できる。コロナ感染防止にもなる。

自分の好きな時間、スキマ時間で、繰り返し勉強できる。コロナ感染防止にもなる。の画像
  • いつでも都合の良い時に視聴できる。分割しての視聴が可能。聞き漏らしても繰り返し視聴できる。会場へ行かなくて済む。
  • 空き時間に勉強できる。わからないところは巻き戻して何度も聴講できる。自宅でリラックスして聴講できる。オンライン研修に比べて音響環境や映像の問題が少なめである。疲れたところで中止して後日また聴講できる。認定の単位が確実にもらえる。
  • 子育て中であり、時間が自由にとれないため、早朝などの時間に視聴できるのは、とても良い。子育て中で研修会や学会への参加が難しかったが、最新の情報を得る機会がとても増えた。
  • 自分のタイミングで受講することができて便利。現地開催だけでは単位の取得が難しいものも可能。
  • 自分の状況に応じて、進度や受講時間を設定できること。体系化された学習内容の為、不足する知識を補充しながら、学習することができます。
  • 自分の都合の良い時に受講できる。中断しても再開できる。聞き逃しても戻れる。理解しにくいところは何度も見ることができる。

現地研修のデメリット

移動に時間とコストがかかるため、参加するために仕事の調整が必要。今はコロナ感染リスクがある。

移動に時間とコストがかかるため、参加するために仕事の調整が必要。今はコロナ感染リスクがある。の画像
  • 参加したい研修でも、遠くて参加できなかったり、仕事終了後では時間に間に合わなくて参加できないこと。
  • 業務を時間内に終わらせたり、移動時間など研修以外にかかる負担がある。
  • 費用がかかる。会期以外に移動に必要な時間も仕事を休まなければならない。プログラムによっては、半日位空いてしまうことがあった。
  • 開催場所が遠いときは開催時間に間に合わないために出席を断念した事も多い。また、仕事を休まなければ出られない事もあり、不便を感じる。現地までの移動時間も馬鹿にできない。
  • コロナ禍であるので参加しづらい。定員がすぐにいっぱいになる。
  • コロナ感染症のために、勤務先からもいろいろな制限があり、参加できない研修会がありました。
  • 移動時間や講演を待つ時間、チケットの取得などに労力を割かれることが無駄に感じています。
  • 移動時間も含めた予定が合わないと参加できない。席によってはスライド等が見えない。

オンライン研修のデメリット

自宅で参加するため集中できない。ネット環境を整えることが必要。

自宅で参加するため集中できない。ネット環境を整えることが必要。の画像
  • PCや通信環境を整える必要がある。自宅で参加する場合、しっかり意識していないと忘れてしまっていたり、開始時間を過ぎていたこともあった。
  • オンライン受講の時間が業務時間と重なり、業務に行った瞬間にキーワードなど発表されてその後の話を聞いても、単位にならないこと。
  • ディスカッションする際に発言しない、画面を消している方がいる場合、スムーズに運ばないことがある。
  • テキストなど資料がもらえず、自分で印刷しないといけない。レポートを提出したりしないといけない。シールを郵送してもらうのにお金がかかる
  • ネットの状態が悪いと途切れたりする。自分のITスキルの足りなさが障害になる。
  • ポスター発表はオンラインの方法では非常に見ずらい。いちいち抄録を確認しなくてはならない。オンラインでの学会でポスター発表は、もうすこし工夫が必要だと思う。
  • 現地開催ではありえませんが、「洗濯物干すから、そこどいて」と家族から言われ、集中力が途切れることが多々ある。
  • 講演者のユーモアが伝わりにくい。研修会によって使う配信サービス(zoom、teams等)が違って、ややこしい。
  • 質疑応答がクローズに近いもので、他者がどのようなことに疑問を持っているのか知る機会がない。人と触れ合うこともなく、雰囲気を感じることもないため、話題・情報などの濃淡を感じられない。

e-ラーニングのデメリット

いつでも受講できると思い、学習を後回しにしがち。自宅で一方向の講義なので集中できない。

いつでも受講できると思い、学習を後回しにしがち。自宅で一方向の講義なので集中できない。の画像
  • 「いつでもいい」と思ってしまい、ついつい忘れてしまう。
  • いつでもできると思っていて受講の有効期間が切れたり、テストをうけるのを忘れていて単位が取れなかったりした。
  • グループでの話し合い形式の学習方法ができない。座学ではなく実習形式の学習方法ができない。
  • コンテンツが古い場合があり、質疑応答が出来ないのもよろしくない。新しい話題、深い話題がやはり他と比べると少ない。
  • 一方的で集中できない。内容に疑問や質問があっても対応できない。
  • 外出先や電車でもどんどんやりたいが携帯の通信容量が心配で外だとなかなかできず。
  • 興味がある講座を選べるので、学習内容に偏りが出ます。
  • 研修シールの配布が遅い。主催会社によっては受講料が高いものもある。
  • 研修シールの発行などの手続きが面倒すぎる。
  • 毎回 研修単位の申請が面倒。複数申請すると、研修シールが届くまで タイムラグがあるので把握しておくのも大変。

Q:COVID-19流行以前と比べて、研修会の探し方は変わりましたか?(n=2,877)

Q:COVID-19流行以前と比べて、研修会の探し方は変わりましたか?(n=2,877)の画像
研修会の探し方が「変わった」が57%、「変わらない」が35%でした。

変わった点を具体的に教えてください

  • MRから現地開催の講演の情報をもらっていたが、自分で探すようにになった。
  • インターネット検索を多用している。企業・職業団体からの案内は激減した。
  • メーカーから頻回に案内が来るので自分から探すことがすくなくなった。
  • オンラインで全国の研修会に参加できるため、SNS等を検索するようになった。
  • m3.comなどで情報収集をするようになった。
  • これまでは自県の情報を調べて、その中から選んで参加していたが、現在は他県の学会、勉強会の情報まで調べて、興味のある学会に参加するようになった。が出ます。
  • 現地研修したいのでできるものを探すのが大変。
  • オンライン開催しているものを探すようになった。病院の決まりで県外移動が出来ないため。

2,877人の薬剤師調査でわかったアフターコロナの学習志向

新着薬剤師の人気求人 年収800万円 人気エリアの駅近! 年収750万円 土日祝休み! 時給4,000円 曜日・時間相談可!

認定薬剤師に関する新着記事

  • 薬剤師が活躍できる医薬品の適正使用

    9月24日
    近年、高齢者への処方を中心にポリファーマシー、アンダーユースが注目されており、医薬品の適正使用について薬剤師の活躍の場が広がっています。まず、訴えが多く、漫然と薬物治療が行われやすい疾患や症状を確認することで、その推進に大きく寄与することができます。
  • 認定実務実習指導薬剤師 超丁寧解説!

    9月21日
    認定実務実習指導薬剤師とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書、難易度までわかりやすく解説します。
  • 外来がん治療認定薬剤師 超丁寧解説!

    9月7日
    外来がん治療認定薬剤師とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書、難易度までわかりやすく解説します。
  • 今さら聞けない感染対策・抗菌薬使用の基礎

    8月20日
    現在、「感染対策」といえばcovid-19(新型コロナ)が連想されますが、薬剤師を含めた医療従事者は、新型コロナだけでなく、すべての病原体に対する感染対策を常日頃から行う必要があります。そして、薬剤師はその職能を活かし、その延長線上にある薬剤耐性(AMR)対策や抗菌薬の適正使用に対しても積極的に関わっていくことが求められます。
  • がん専門薬剤師 超丁寧解説!

    8月17日
    がん専門薬剤師とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書までわかりやすく解説します。
  • 日病薬認定指導薬剤師 超丁寧解説!

    8月3日
    日病薬認定指導薬剤師とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書、難易度までわかりやすく解説します。
  • 在宅医療で多職種連携できる薬剤師になる!

    7月16日
    地域包括ケアシステムの要のひとつである在宅医療では、医師をはじめ看護師、ケアマネジャーなど多職種の連携が必須であり、薬剤師もその一翼を担っています。 在宅医療における各職種ならびに薬剤師の役割を理解することでより円滑な連携が可能となります。
  • 緩和薬物療法認定薬剤師 超丁寧解説!

    7月6日
    緩和薬物療法認定薬剤師とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書、難易度までわかりやすく解説します。
研修に関する日程や内容などは、Web上に公開されている情報を参照し掲載しておりますが、最新の情報が反映されていない場合や変更が生じている場合があります。各プロバイダーの情報をご確認の上、ご利用くださいますようお願いいたします。