認定薬剤師の実態調査2022。3,426人の薬剤師調査認定手続きの電子化から半年、利用した?の画像

かかりつけ薬剤師に必要な「研修認定薬剤師」等、薬剤師研修・認定を行う日本薬剤師研修センターがPECS(薬剤師研修・認定電子システム)による認定手続き等の電子化を開始し、半年が経過しました。 日本薬剤師研修センター以外の研修プロバイダーでも電子化が進められる今、m3.com薬剤師会員に利用状況や利用しての感想を伺いました。
(調査期間:2022年10月19日~10月31日 総回答数 : 3,426人)

Q:現在、「研修認定薬剤師」資格を取得していますか?(n=3,426)

Q:現在、「研修認定薬剤師」資格を取得していますか?(n=3,426)の画像1
Q:現在、「研修認定薬剤師」資格を取得していますか?(n=3,426)の画像2
研修認定薬剤師を「取得している」が62%、「取得予定」が17%でした。調剤薬局・調剤併設ドラッグストア勤務の薬剤師は76%が取得し、「取得予定」と合わせると89%となりました。病院・診療所勤務の薬剤師は40%が取得し、23%が「取得予定」と回答しました。

Q:認定手続きの電子化システムを利用していますか?(n=2,107)

Q:認定手続きの電子化システムを利用していますか?(n=2,107)の画像1
Q:認定手続きの電子化システムを利用していますか?(n=2,107)の画像2
「PECS(薬剤師研修・認定電子システム)を利用している」が80%で最多、 次いで「利用していないが利用予定あり」が11%と、半年でシステムの利用が進んでいることが分かりました。
「利用していない」と回答した361人にその理由を任意で聞いたところ、「更新時期が先なのでまだ利用していない。」「やろうとしたがよく分からず放置してしまっていた」「手続きがよく分からないので様子見」と利用予定の回答が多く寄せられました。「更新するための手続きが煩雑になってきているので、辞めようと思っている。」「認定薬剤師のメリットをあまり感じないから(更新しない)。」と電子化をきっかけに認定薬剤師の資格更新を見直す意見も見られました。

Q: 認定手続きを電子化に切り替えてみていかがでしたか?(n=1,746)

Q: 認定手続きを電子化に切り替えてみていかがでしたか?(n=1,746)の画像1
Q: 認定手続きを電子化に切り替えてみていかがでしたか?(n=1,746)の画像2
8割近くが「良かった」「どちらかといえば良かった」と回答しました。

Q: 認定手続きの電子化で「良かった」と感じたことをお選びください(いくつでも)(n=1,344)

Q: 認定手続きの電子化で「良かった」と感じたことをお選びください(いくつでも)(n=1,344)の画像1
Q: 認定手続きの電子化で「良かった」と感じたことをお選びください(いくつでも)(n=1,344)の画像2
電子化に切り替えて「良かった」と回答した1,344人のうち、92%が「単位シールの管理が不要になった」と回答、次いで42%が「申請業務が簡便になった」と回答しました。
単位シールの管理がなくなったことが圧倒的に評価されています。
システムに登録済だが未申請という方も多く、申請業務の簡素化、迅速化への期待が多く寄せられました。

「単位シールと手帳の管理からの解放」がありがたい

  • シールは無くしたらアウトだったので、無くさないのは利点。
  • 手帳に手書きでいろいろ記載するのが面倒だったし、よくシールを紛失していたので、その煩わしさから解放されるのはありがたい。
  • シールだけでなく、研修内容の記録も同時にできるので管理が簡便になった
  • どの勉強会の単位が所得できたか、現在どのくらい単位が所得できているか概ねタイムリーに把握できるようになった。
  • 今回、電子化された認定更新申請を行ったが、薬剤師手帳での単位管理が手間なものであったと気付かされた。単位シールや薬剤師手帳そのものの紛失、シールの貼り間違えなどが起きやすいことを考慮すると電子化して良かったのではないかと感じた。また、更新終了までの期間も短いと感じた。

申請は「思ったより簡単でスムーズ」だった

  • 最初は申請に戸惑ったが、慣れてくると点数の認定は以前より速くなっていた。今回の認定更新作業は、ペーパーの記録とPECSの併用申請になるが、PECSだけになるとスムーズな認定申請になると思う。
  • 今までは更新の度に薬剤師会へ行き、郵便局に振り込んでいた。それが無くなり楽になった。
  • 手数料のクレジットカード決済が可能になったことが良かった。

WEBセミナーが増えて受講しやすくなった

  • 電子化が進むことにより、研修の案内などもスマホから確認できるようになったので、合理的になった。以前は雑誌から研修案内をチョイスしていたので、時間が省けて助かる。
  • WEBセミナーでも単位取得が可能になったこと。
  • オンライン研修が増えて今まで受講する機会のなかった講座なども聴講可能となりかつ点数も所得できて、コロナ禍をきっかけに時代が進んだように思える点が良かった。
  • 会場に行く時間、交通費がなくなった。WEB受講が増え、より参加しやすくなった。

申請はこれから、「電子化のメリットに期待」

  • 実際に申請はまだ行っていないので分からないが更新の申請が簡便になり更新料も安くなるならありがたいです。
  • まだ過渡期なので、次回申請時は手帳との併用が必要ですが、次回以降は手帳が不要で、かつ、シールの紛失、なんの研修でもらったものかなどの管理が不要となるので、メリットはあると感じている。
  • シールをなくす、貼るなどの手間がなくなった。
    申請漏れや単位計算漏れもなくなると思う。まだ電子になってから更新をしていないので細かい部分はおいおい分かってくる状況。

Q:認定手続きの電子化で「悪かった」と感じたことをお選びください(いくつでも)(n=402)

Q:認定手続きの電子化で「悪かった」と感じたことをお選びください(いくつでも)(n=402)の画像1
Q:認定手続きの電子化で「悪かった」と感じたことをお選びください(いくつでも)(n=402)の画像2
電子化に切り替えて「悪かった」と回答した402人のうち、64%が「電子化のシステムが分かりにくかった」と回答し、「申請~認定までの時間が長くなった」が46.5%、「申請業務が難しくなった」が42.5%でした。

システムが分かりづらかった

  • 手続きが分かりにくいし、手間が多く、時間がかかる。問い合わせはメールのみで、不便すぎる。
  • システムがわかりにくく使いにくかった。自分のしたいことが直感的にできるようなシステムではないので慣れないと使いにくさを感じる。

単位シールと電子単位の混在で難しくなった

薬剤師転職 派遣薬剤師でじぶんらしく働こう! 薬剤師登録者数No.1

認定薬剤師に関する新着記事

  • 認定クリニカル・トキシコロジスト 超丁寧解説!

    1月24日
    認定クリニカル・トキシコロジストとは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書、難易度までわかりやすく解説します。
  • 認定抗酸菌症エキスパート 超丁寧解説!

    1月9日
    認定抗酸菌症エキスパートとは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書、難易度までわかりやすく解説します。
  • 登録抗酸菌症エキスパート 超丁寧解説!

    12月25日
    登録抗酸菌症エキスパートとは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書、難易度までわかりやすく解説します。
  • 外来がん治療専門薬剤師 超丁寧解説!

    12月9日
    外来がん治療専門薬剤師とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書、難易度までわかりやすく解説します。
  • 循環器病予防療養指導士 超丁寧解説!

    11月27日
    循環器病予防療養指導士とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書、難易度までわかりやすく解説します。
  • 日本禁煙学会認定専門指導者 超丁寧解説!

    11月13日
    日本禁煙学会認定専門指導者とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書、難易度までわかりやすく解説します。
  • 認定女性ヘルスケア専門薬剤師 超丁寧解説!

    10月30日
    認定女性ヘルスケア専門薬剤師とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書、難易度までわかりやすく解説します。
  • 日本禁煙学会認定指導者超丁寧解説!

    10月14日
    日本禁煙学会認定指導者とは?資格の概要、認定団体、取得メリット、役割、試験や論文・学会発表の有無といった取得方法や取得にかかる費用、更新情報、参考書、難易度までわかりやすく解説します。
研修に関する日程や内容などは、Web上に公開されている情報を参照し掲載しておりますが、最新の情報が反映されていない場合や変更が生じている場合があります。各プロバイダーの情報をご確認の上、ご利用くださいますようお願いいたします。